木造の新築、注文住宅、リフォーム、古民家再生なら滋賀県近江八幡市の大治工務店

大冶の新築・注文住宅

ココロが生み出す家

お客様の大切な想い-ココロ-から生まれる一人一人のカタチ(家)

私たちは家づくりに際し、お客様の要望を
ひとつひとつお聞きしながら一緒に作りあげていきます。
プラン集の中から選ぶ家には、どうしてもストレスを感じたり、
物足りなさを感じてしまいます。
人それぞれの「心-ココロ-」から、
一人一人に合った家が生まれてくるべきなのです。

また、流行りや見た目は大切ですが、それだけで
住まいを考えてしまうと後悔することになりかねません。
家は一生に一度の大きな買い物ですので、
デザイン、耐久性、断熱性、健康面など数多くの視点で
一生の家を考えていきましょう。

これから家づくりをする人へ・・・一生に一度のお買い物、皆さんいっぱい不安があります!

初めて家づくりをする方にとっては難しいこと、分からないことがいっぱいです。
皆さんが『後悔しない、思い出に残る家づくり』をするためには、
ある程度の知識を持っておかなければなりません。

  • 自分のスタイルに合った
    家って何だろう?
  • 家づくりって
    どのように進むのだろう?
  • まずは土地探しから
    始めた方が良いの?

資金計画

はじめに、あなたの総予算をつかんでおくことが大切です。
まずは住まいの購入予算を決定しましょう。
総予算は自己資金とローン借入可能額の合計で決まります。

いくら返済できるかを年収と返済可能額の両方から計算し、年間返済額を調べましょう。
年収に対する年間返済額を12ヶ月で割り、毎月返済額を決定したら、各金融機関が出している100万円あたりの毎月返済額を参考に、ローン借入可能額を算出します。このときに、ボーナス併用を利用するかどうかも決めます。
これに自己資金を足したものが総予算です。
このほかにもいろいろな資金計画の方法があるので、専門家に相談することも大切です。

資金計画のPOINT

将来のライフスタイルも計画に
ローンを組んだ時点ではムリのない返済計画でも、
子どもが生まれたり、進学や結婚したりと
家計状況も年を追うごとに変化します。

将来のライフサイクルを念頭において資金計画を考えることが重要です。
たとえば、共働きで家計に余裕のあるうちは返済額の大きい元金均等返済を利用し、
子どもが生まれたら返済額の少ない元利均等返済に変更する、といった方法もいいでしょう。
返済方法を組み替えたり、繰り上げ返済を利用したりするなど、かしこい返済計画を立てましょう。
自己資金はいくら必要か
住宅ローンを借りる場合は借入限度額が物件価格の8割。
残り2割を頭金として用意しなければならない。

さらに住宅を取得するに土地や建物の取得にかかる不動産取得税など
前出の建築費以外に物件価格の約5~7%(目安として)は
用意しなければなりません。
最近では借入限度額を全てカバー出来る金融商品もあり、少ない頭金、あるいは
ほとんど頭金がなくても住宅資金を融通してくれる金融機関が増えていますが、全く頭金が無いのも
将来不安な材料になってしまいます。

引越し費用や、諸々の経費が発生することを見越しして少しでも自己資金を用意する方が
賢明であります。

大治工務店のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

  1. 1高断熱化により暖房エネルギーを減らす

    高断熱にしてまずはお家の基本性能を上げ、少ないエネルギーで冷暖房ができるようにします。

  2. 2省エネルギー設備機器を使う
  3. 3太陽光発電等で創エネルギーを創ります

    12< 3になります

肝心なのは高断熱化です。まずはエネルギー消費を削減させます。
今回のZEHではUa値が0.6(平成25年度省エネ基準0.87)になります。
大冶工務店の平均はそれを下回りUa値が0.5くらいになります。(プランによりますが)この基準は北海道なみの断熱性能です。
そして省エネの設備を使います。
エアコンや給湯器で省エネルギーな設備を選びます。これで普通のお家とは比較にならないくらいに省エネになります。
最後に創エネルギーとして太陽光発電等を使います。

国の政策として「エネルギー基本計画」(2014年4月)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間一次エネルギー消費量が正味(ネット)
ゼロになる住宅の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。エネルギー資源に頼らないZEHに関して弊社では賛成します。

2020年までのZEH普及目標

大治工務店のZEH 2020年までの普及目標

弊社のZEH普及目標を2016年から2020年にかけて下記のように公表します
今後ともZEH普及に向けて取り組んでまいります

キャプション
登録名称
(屋号)
登録
種別
ZEHビルダー
の種別
ZEH普及目標
<自社が受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEHを含む)が占める割合>
平成28年度
(2016年度)
平成29年度
(2017年度)
平成30年度
(2018年度)
平成31年度
(2019年度)
平成32年度
(2020年度)
大治工務店0%10%30%40%50%
実績報告
年度2016年度2017年度
実績0%0%

『ZEH』(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、
住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロとする住宅の事です。

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています
上記の目標の達成に向け、平成28年度のZEH支援事業(補助金制度)においては、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を2020年までに50%以上とする目標を宣言・公表したハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等を「ZEHビルダー」として公募、登録し、屋号・目標値等の公表を行っています

新着情報